DSpace Kochi University of Technology
日本語

Kochi University of Technology Academic Resource Repository >
A.学術情報資料別 >
紀要 >
第08巻 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
rb8_207-214.pdf1.02 MBAdobe PDFView/Open
Title: 教育ファームの意義と役割に関する一考察
Authors: 武村, 由美
永野, 正展
松崎, 了三
松村, 勝喜
Issue Date: 15-Jul-2011
Publisher: 高知工科大学
Journal Title: 高知工科大学紀要
Volume: 8
Issue: 1
Start Page: 207
End Page: 214
Abstract: 農業はわれわれ人類の生存を支える基盤である。戦後、わが国の農業は、時代の要求に応じて、技術の進歩を背景に生産性を向上させ、規格に適応した農産物の量と価格を追求する流通システムを構築してきた。生活は豊かになり、飽食の時代と呼ばれるに至ったが、無駄に廃棄される食品ゴミや食生活の偏りなどを鑑みると、国民の食や農業に対する理解と関心は十分とはいえない。教育ファームは、子どもから大人に至るまで農業や自然環境を体験学習することで、食や農産物に関する正しい知識を得る機会を提供する。つまり、国民一人ひとりが食や食品に対する正しい知識を得る場であり、農の本質や価値観を再考する場といえる。農業に対する正しい認識は、単なる産業としての農業ではなく、生存基盤としての新たな農業の地盤を確かなものにする。教育ファームの役割は、食や農業、自然環境を体験し学習できる場の提供であり、その活動を通じて、新たな農業と消費者をつなぎ直す仕組みにその意義がある。
Type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10173/705
Appears in Collections:武村, 由美 (TAKEMURA, Yumi)
永野, 正展 (NAGANO, Masanobu)
松﨑, 了三 (MATSUZAKI, Ryozo)
松村, 勝喜 (MATSUMURA, katsuki)
第08巻

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10173/705

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Kochi University of Technology Library - Feedback