DSpace Kochi University of Technology
日本語

Kochi University of Technology Academic Resource Repository >
A.学術情報資料別 >
紀要 >
第08巻 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
rb8_199-206.pdf1.25 MBAdobe PDFView/Open
Title: マルソウダガツオ(メジカ)の鮮度保持法の検討
Authors: 松本, 泰典
黒原, 健朗
下元, 道夫
多田, 昭介
山口, 薫
中越, 竜夫
北村, 和之
Issue Date: 15-Jul-2011
Publisher: 高知工科大学
Journal Title: 高知工科大学紀要
Volume: 8
Issue: 1
Start Page: 199
End Page: 206
Abstract: 全国の約40%以上の水揚げが高知県であるマルソウダガツオ(メジカ)は、高知県内の特産物と成り得る魚介類と考えられる。しかし、現状の取り扱いは鮮度劣化が速い魚であるとされ、宗田節などの加工食品などに用いられ、安価に流通している。一方、水揚げされている地域内では、鮮度の良い状態の内に流通していることから、時期によってはカツオより高値で刺身として販売されている。そこで、本研究では生鮮メジカを高知県の特産物として全国的に展開が図れるかを検証するため、冷却保存法の違いによる鮮度およびヒスタミン含有量の時系列変化を調べた。その結果、鮮度とヒスタミン含有量から生鮮魚として全国に流通するのに必要となる水揚げから少なくとも24時間以内では、刺身で食することのできる鮮魚として流通が可能であるというデータを得た。
Type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10173/704
Appears in Collections:松本, 泰典 (MATSUMOTO, Yasunori)
第08巻

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10173/704

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Kochi University of Technology Library - Feedback