DSpace Kochi University of Technology
日本語

Kochi University of Technology Academic Resource Repository >
A.学術情報資料別 >
紀要 >
第08巻 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
rb8_073-079.pdf1.12 MBAdobe PDFView/Open
Title: 環境技術開発を基盤とした持続可能な環境経営システムの構築に向けて第4報
Authors: 榎本, 惠一
松元, 信也
大濱, 武
堀澤, 栄
有賀, 修
角, 克宏
両角, 仁夫
井上, 喜雄
冨澤, 治
那須, 清吾
平野, 真
草柳, 俊二
馬渕, 泰
ENOMOTO, Keiichi
MATSUMOTO, Nobuya
OHAMA, Takeshi
HORISAWA, Sakae
ARIGA, Osamu
SUMI, Katsuhiro
MOROZUMI, Yoshio
INOUE, Yoshio
TOMISAWA, Osamu
NASU, Seigo
HIRANO, Makoto
KUSAYANAGI, Shunji
MABUCHI, Yasushi
Issue Date: 15-Jul-2011
Publisher: 高知工科大学
Journal Title: 高知工科大学紀要
Volume: 8
Issue: 1
Start Page: 73
End Page: 79
Abstract: バイオマスを利用したエネルギー生産は、環境経営の中心となる技術である。バイオマス利用の一例として、食用作物キャッサバから澱粉を抽出した後の残渣を原料とし、無蒸煮法でのアルコール発酵を実験室スケールで行なった。その結果を通常の高温蒸煮法及び低温蒸煮法による発酵と比較したところ、最適な無蒸煮法でのアルコール発酵は、高温及び低温蒸煮法と同等またはそれより優れていることが明らかとなった。一方、淡水産の藻であるBotryococcus brauniiは炭化水素を生産する石油生産藻として知られている。この藻を用いた炭化水素生産を実用化するための課題として、耐塩性、耐熱性、耐酸性または耐アルカリ性、短鎖炭化水素の生産能力等の性質を藻に賦与することが必要と考えられた。
Type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10173/688
Appears in Collections:草柳, 俊二 (KUSAYANAGI, Shunji)
那須, 清吾 (NASU, Seigo)
榎本, 惠一 (ENOMOTO, Keiichi)
第08巻

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10173/688

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Kochi University of Technology Library - Feedback