DSpace Kochi University of Technology
日本語

Kochi University of Technology Academic Resource Repository >
A.学術情報資料別 >
紀要 >
第08巻 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
rb8_009-015.pdf1.41 MBAdobe PDFView/Open
Title: 知覚-運動系におけるベイズ統合-ヒット率を最大化するための脳の方略-
Authors: 坂本, 梢
宮崎, 真
Issue Date: 15-Jul-2011
Publisher: 高知工科大学
Journal Title: 高知工科大学紀要
Volume: 8
Issue: 1
Start Page: 9
End Page: 15
Description: 招待論文
Abstract: 我々は変動に満ちた内的・外的環境にありながら精緻で安定した知覚-運動行為を実現している.ヒトの中枢神経系がそれをどのように実現しているのか?この問題は,スポーツ科学,認知科学,神経科学といった人間科学諸領域で探求されてきた.近年,この変動の問題に対して有力な解決案が提示された.それがベイズ統合(Bayesian integration)理論である.本稿では,そのベイズ統合理論の基本概念と数理を野球のバッティングを例に解説し,ヒトを対象とした行動科学的な実験報告について紹介する.
Type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10173/682
Appears in Collections:第08巻
松崎 (坂本), 梢 (MATSUZAKI (SAKAMOTO), Kozue)

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10173/682

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Kochi University of Technology Library - Feedback