DSpace Kochi University of Technology
日本語

Kochi University of Technology Academic Resource Repository >
A.学術情報資料別 >
紀要 >
第07巻 >

Files in This Item:

File Description SizeFormat
rb7_205-210.pdf426.83 kBAdobe PDFView/Open
Title: アーリーステージのベンチャーキャピタルの発達条件に関する試論
Authors: 木谷, 哲夫
桂, 信太郎
Kitani, Tetsuo
Katsura, Shintaro
Issue Date: 29-Jul-2010
Publisher: 高知工科大学
Journal Title: 高知工科大学紀要
Volume: 7
Issue: 1
Start Page: 205
End Page: 210
Abstract: 日本のベンチャーキャピタル(VC)においてマーチャント・キャピタルが主体であるとの正確なデータは存在しないが、日本のVCの投資収益率が、欧米に比べて低い水準にとどまっている。低い投資収益率の原因としては、ベンチャーキャピタルが投資収益を上げる手段が新興株式市場への上場に限られていること、リスク選好度が低くリスクの高いアーリーステージの投資が不活発であること、が指摘されている。本稿では、①日本に特に特徴的なアーリーステージの投資の未発達である理由を考察すること、および、②日本において生じつつあるアーリーステージに投資するという新しいタイプのVCの事例研究から、その発達条件について試論を示す。
Return on investment of Japanese venture capital is at a lower level than in Europe or America. The following observations have been made on this reality. Firstly, the means by which venture capital raises return on investment have been limited (listing of stock in an emerging equity market). Also, investment in the early stage where the risk is high is not active. In this paper, we consider a less well examined reason for investment of the early stage in Japan. In addition, we use a case study to analyze the development condition of venture capital.
Type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10173/546
Appears in Collections:桂, 信太郎 (KATSURA, Shintaro)
第07巻

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10173/546

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Kochi University of Technology Library - Feedback